about  category  comment  recommend  archives  link  other
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

星っていうかなんていうか
よくわからない萌えが降ってきたわああああ




どうもお久しぶりです、あおいです。
ちゃんと生きてます。
コメント返信も長いこと返してなくてごめんなさい。
後日、必ず返していきます…!


で、あの…読みました、最終巻。
ほんとたった今読み終えたところで、まああれですよね最後のあれがね



はあああああ!!!????(゚Д゚)


なにあれ?
なにあのガキャアア普通にいずみこたんに手を出しよったあああ

ていうかね?
今回、言わなくてもお互い好きって分かってるよね☆感が半端なかったんですけど。
泉水子ちゃんも「普通だったら付き合うとか言えた」とか…えーー!?自覚普通にしてたYO!!

あの、おねーさんはそのどことなく達観した君たちの行動が思いがけなさすぎて…
心臓発作を起こしそうだよ……(瀕死)


ちょっと心がいろんな意味で破裂しかかってるので、詳しい感想は後日にしますけども。
とりあえず良かった、という気持ちでいっぱいです。
紫子さんとじっくり話して、未来に希望を持てたことが一番泣きそうになりました。
本当はもっと早く知りたかったんだろうけどね。
でもここにたどりつくまでの苦労も感じたことも、成長するために必要だったわけで。
うまく幸せへの道がつながったようで良かった、良かった…。


…いっぱいつっこみたいことあるんですけど、
紫子さんの大成くん呼びとか(やっぱベタ惚れなのねという)、
ふたりが研究室に進むかもとか(みゆっきーの院行きとか私が書いた話と合ってておったまげた)
みゆっきーのさりげない名前呼びとか 肩 抱 き 寄 せ と か 

だめだもう思い出しちゃだめだ寝られなくなる…!


もうマジでそのへんの道をローリングしながら悶死する勢いなので、いったん冷静になってきます
明日も仕事だしねハアハア(←もう全然大丈夫じゃない)

また後日に!

とりあえず先生お疲れ様ですそして素敵なお話をありがとう…!!!


2011年が終わりますね
こんばんは。お久しぶりです。

いつのまにか年末で、本当に時がすぎるのは早いですよねえ…。
あれですよね。確か私は1年前、正月企画とかなんとか言ってリクエストを募ってましたよね。
ええええあれから1年ですか…。

………(沈黙)



――さ、というわけで!!(まて今ちょっとなにか)
…ええそうですね、まあ明らかに気まずいです。なんだってまだリクエストを全部書き終えてないんだっていうね。もういい加減書いたらいいのにと自分でも思うのですが、頭が完全に冬眠モードに入ってますごめんなさい…
というか、忙しい中でも文を考えられる方法が切実に知りたい。
誰かーなにかコツはないですかーー。こう、仕事で疲れ切った頭の中でも生き生きとめくるめく素晴らしき世界を想像できるなんかを…(それがわかったらだれも苦労しません)

と、グチで終わりそうな1年はさすがに人間として見苦しいので、このへんにしときます。
でもアドバイスは受け付けま(やめれ)


では、改めて。今年も私のつたない話を読んでくださった方。そして反応を届けて下さった方。
本当にありがとうございました。
来年も細々とではありますが活動していく予定ですので、どうぞよろしくお願いいたします!
また、こんなものぐさでどうしようもない人間(&が作る話)ですが、良かったら来年も絡んでやってください。


そういえばrdgがアニメ化するそうで(メールにて教えて下さった方ありがとうございました!)
ますます目が離せないですね^▽^
個人的には深行のビジュアルがどうなるか心配です。公式の絵がないのにアニメ化ってのもある意味勝負。スタッフさん大丈夫か。声も…そんなベテランがやるようなアニメにならなさそうだなーとか。
ええええ…な方向にはいかないことを祈ってます(何を想像してんだ)
とりあえず、深行は爽やかさがちらりと入った真面目な黒髪を希望します(ものすごく難しい要望)



それでは、よいお年をお迎えください。

2012年も皆様と交流できますように。
また、笑顔が絶えない年になることを祈って。


2011.12.30 あおい

5巻感想
こんにちは、あおいです。

結局日記をブログに戻しましたw
ただし忍者ではなくジュゲムさんです。
最初は普通に5巻の感想を書き始めたんですが…HTML形式で長々と書くのが疲れるってことに気づいた。
いや、どんだけ感想長いんだよって話だけど(笑)

あ、返信レスページはそのままにしてあります。とりあえず。
またここで同じくレスする場合はお知らせしますね^^


前も言いましたが、今回はなんていうかコメディ化が進んでたなーと思います。
もともと、荻原さんの作品てクスッと笑ってしまうポイントが随所にあるんですけども。
もうね、今回私は本を開きながらずっと笑ってたに等しい←
爆笑のツボがたくさんあって楽しかった…ごめんなさい萌えより笑いが先に来てたよ…!



では詳しい感想いってみましょ!!!

続きを読む >>
PR